web製作でのヒアリングについて

web製作の際にヒアリングをしたい項目で意識するべき点とは何なのでしょうか。少し具体的にお話しましょう。
まず、1つはお客さんが本当に依頼をしたいことについてです。そして、ヒアリングで最も重要であるとされることはビジネスモデルと言われています。クライアントの要望では、webサイトを作り、どんな目的を果たしたいのかが気になるところです。それから、ターゲットとなる人の要望も重要です。どんなwebサイトなら使う価値があると感じられるのかを考えましょう。

お客さんは、キャンペーンサイトを作りたいとかリクルートサイトを作りたいなどの目的がはっきりとしており、それに関してのターゲットについての答えを持っていると言えます。なので、結局は全体的な部分の根本には、最大限に利益を得るためにweb技術を使いたいのです。

ビジネスモデルの把握をしましょう

webサイトを作ることだけを考えたヒアリングでは、お客さんのビジネスを上手くいくように導くには情報が少ないと言えます。ビジネスモデルはお客さんにより異なりますが、売り上げと原価、ランニングコストに関してはどんなビジネスであっても共通です。例えば、コーポレートサイトのリニューアルがしたい場合には、ターゲットは中小企業の管理部門の決裁者となります。すると、ゴールはイメージを全く新しくし、他社ではなく自社の商品を選んでもらえるようになることとなります。この時のお客さんの悩みは、サイトのデザインと情報などが古く、他社と比べると見にくいことが挙げられるでしょう。

ちなみに、webサイトの製作だけを考えるヒアリングでは、ヒアリングシートを用意すると良いでしょう。しかし、あくまで最初に最も聞くべきことは、ビジネスモデルを把握するためのヒアリングと言えます。