web制作に関連するスペシャリストたちをまとめる

web制作業においてwebディレクターとはどのような役割を担っている人なのでしょうか。まず、一般的なweb制作会社においてはwebサイトは一人で作ることはまずありません。デザインを担当する人、コードを書く人、文章を書く人などスペシャリストたちが集まって作っていきます。そして、これらの人たちを束ねて適材適所でサイトを作らせるのがwebディレクターの仕事なのです。
たとえば会社にライターが二人いるとします。一人は恋愛ネタが得意で、もう一人はPCに関することに詳しいという特性を持っていたとして、若者向けの恋愛相談サイトを作ってほしいという依頼が来た場合、前者のライターにコンテンツを書いてもらおうといった判断をするわけです。

クライアントと話してサイトの方向性を決める

クライアントと話してどのようなサイトを作ってほしいと考えているのかを聞き出し、それを具体化していくのもwebディレクターの仕事になります。クライアントはみんなwebに詳しいわけではありません。「広告がたくさんクリックされるサイトを作ってほしい」など、漠然とした要求をしてくることも少なくないのです。webディレクターはそういった要求から制作するサイトのイメージを固めます。
スケジュールやコストもwebディレクターが決めないといけません。また、webサイトにどのような技術を採用するのかも考えることになります。PHPやJavaScriptを使って派手な感じにするのか、それともHTMLとCSSだけでシンプルにいくのか、webディレクターのセンスの見せ所です。