システム開発の大まかな流れは?

システム開発は、企画、設計、プログラミング、テスト、運用・サポートという流れで行われます。まずクライアントと話し合いながらどのようなシステムを開発するのか企画を行い、それに沿ってシステムの設計をしていきます。システムの設計ができたら、その仕様書に従ってプログラミングを行い実際に形にしていくというわけです。その後システムが正しく動作するかテストを行い、問題がなければ運用が始まります。開発が終わった後も、システムの運用やサポートを行うため、開発が終われば仕事も終わるというわけではありません。また、1人で全てを担当するのではなく、システムエンジニアやプログラマーなど様々な職種の人達と協力して、1つのシステムを開発することになります。

システム開発にはどのようなスキルが必要?

システム開発を行うためには、様々なスキルが必要になります。まず重要になるのが、プログラミング言語を扱うスキルです。実際プログラムを書くのはプログラマーですが、システムエンジニアもしっかりとプログラミング言語をスキルを身に付けておく必要があります。なぜかというと、システムの企画や設計を行う時に、プログラミングのスキルや知識が必要になるからです。

また、クライアントの要望を聞き、それを形にするためにはコミュニケーション能力も必要です。システム開発というと、パソコンを使って黙々と作業するイメージがあるかもしれませんが、実際は多くの人と関わりながら作業を進めていくことになります。パソコンに関するスキルだけではなく、人と上手くコミュニケーションを取るためのスキルも身に付けておきましょう。