バックエンドエンジニアはどんな職種?

web制作を行うエンジニアには、大きく分けるとフロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアの2種類あります。利用者の目に見える部分を主に担当するのがフロントエンドエンジニア、見えない部分を担当するのがバックエンドエンジニアです。web制作を行うためには、サーバーやデータベースの構築が欠かせません。利用者からは目に見えない部分ですが、様々なシステムを開発するために欠かせない分野ということで、バックエンドエンジニアの役割はかなり大きいです。また、バックエンドエンジニアはシステムの開発や運用にも大きく関わっています。開発のためにサーバーやデータベースを構築した後は、システムの開発、テスト、運用なども行わなければなりません。

バックエンドエンジニアに必要なスキル

バックエンドエンジニアに必要になるスキルの1つがプログラミング言語を扱うスキルです。プログラミング言語はどのようなエンジニアにも必要になるものですが、バックエンドエンジニアはバックエンド言語を使用した開発スキルが必要になります。バックエンドの開発では、主にPHPやPerl、Rubyといったプログラミング言語がよく使われます。開発環境によって使用するプログラミング言語が変わるので、バックエンド開発に特化したプログラミング言語をしっかり学んでおく必要があります。また、システムの開発やweb制作で必要になるフレームワークを扱うスキルも必須です。web制作はCakePHPやExpressなど様々なフレームワークを使用するため、しっかり扱えるようにしておきましょう。