web制作担当者の業務内容とフロントエンドエンジニアの必修スキル

web制作と聞くと、どのような業務を思い浮かべるでしょうか。われわれユーザーが毎日気軽に利用しているお店のホームページ、通販サイト、スマホアプリなどはすべてweb制作に関わる人たちが作っています。web制作に関わる職種には、webディレクター、webデザイナー、フロントエンドエンジニア、バックエンドエンジニアの4種類があります。中でも、ユーザーが直接触るパートを作成するフロントエンドエンジニアは非常に重要で大切な職種です。

フロントエンドエンジニアは、webデザイナーが設計したデザインを基にwebサイトを制作する仕事です。求められるプログラミング言語スキルは、HTML、CSS、JavaScript(jQuery)が中心です。ただし現場によっては、本来ユーザーが直接接触しない部分を構築するバックエンドエンジニアの領域であるPHPなどのサーバーサイド言語が必要になることもあります

フロントエンドエンジニアは必要不可欠な大切な職業

ここ数年、エンジニア不足問題を耳にする方も多いでしょう。昨今、システムエンジニアが不足しているのは事実です。web系の職業はパソコンとスマートフォンの普及により需要が拡大している比較的新しい職種であることもあり、人材の供給が追いついていないのです。中でもフロントエンドエンジニアの需要はかなり高まっています。企業、個人問わずwebサイトの立ち上げが増加している今、web制作に携わる人材の需要はますます加速しています。

これからのテクノロジー時代に欠かせないフロントエンドエンジニアは、とても大切で重要な役割を担っている職種です。そしてwebの世界は想像以上に変化のスピードが速く、世の中の動きに柔軟に対応できる上級フロントエンドエンジニアは非常に重宝される人材なのです。

webサイト構築するために必要なのが、Webプログラミング言語の修得であり、自分が作りたいWebサイトに合った言語を学びましょう。